未分類

腰痛には多少弾力が必要

更新日:

長年使い慣れた綿の敷布団を使用していました。もう厚みも減り、押しつぶされたほどの硬さになってましたが買い換える機会がなくそのまま寝具として使っていました。もともと腰痛持ちなので柔らかいベッドで寝ると逆に起きた時に腰がギシギシきしむので硬めがよいと思ってました。あるとき1週間ほどの小旅行でいずれも和敷布団で過ごし、帰宅して自分の敷布団で寝た時のあまりの薄さと弾力の無さに唖然とし、そのときにすぐ敷布団を買い換えようと決意、そしてあれこれ探してみました。
今までは綿100%の敷布団がよしと思ってましたが、ウレタンと羊毛の3重構造などもあり、湿気を逃しつつヘタりにくいなど利点も多く視野が広がりました。
実際購入したのはウレタンが入ったもので、以前の和敷布団より軽く弾力もあります。柔らかく感じましたが寝起きの腰のギシギシ感は減り寝心地もよく満足しています。寝返りしやすかったり腰への負担を軽減するためにも程よい弾力は必要だと感じました。

-未分類

Copyright© 腰痛改善のための寝具まとめ|腰痛にいいおすすめの寝具はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.